銀座界隈にお勤めの方は肩こりが多い?お悩みの症状ベスト3

銀座界隈にお勤めの方は肩こりが多い?お悩みの症状ベスト3

銀座ルーチェ治療室は、今年で開院10周年を迎えました。ご来院頂く皆様に支えられ、ここまで永く続けられたことにスタッフ一同、とても感謝しております。

銀座ルーチェ治療室の場所は、東銀座の歌舞伎座の裏手ですが、ご来院される患者様は、銀座界隈だけでなく、全国からお越し頂いております。

これは鉄腕DASHで放映された目のくまや、眼精疲労に効くくるみ灸の影響が大きかったと思います。開院して間もなく、2007年に1回目の放映があり、全国からお越し頂くきっかけになりました。また2014年にも鉄腕DASHのDASH島でくるみ灸をやろう!という再放送があり、この時も大きな反響がありました。テレビの力はすごいな。と改めて思いました。

銀座ルーチェ治療室の最寄駅は、都営浅草線と日比谷線の接続駅である東銀座駅です。都営浅草線は、京急空港線と接続され、羽田空港から27分で到着できます。また成田空港からは、上野乗り換えの日比谷線で、東銀座駅まで、1時間10分です。

驚いたのは、「今、フランスからですけど、明日の予約ができますか?」と、お電話を頂き、翌日に、「成田空港から直接来たわ。」とお越し頂きました。確かにフランスのシャルル・ド・ゴール国際空港から、成田国際空港まで、平均所要時間は、12時間42分です。十分到着可能なわけですが、とても不思議な気持ちになりました(笑)。

飛行機に乗っていると、足はむくみますし、同じ姿勢を余儀なくされるので、腰はつらくなりますし、とても疲れますから、すぐにマッサージを受けたい!というお気持ちはよくわかります。この方以外にも、フライト直後にご来院頂く方や、フライト勤務明けのキャビンアテンダントの方も多くいらっしゃいます。

このように銀座の地が、交通の便もよいというのもあるでしょうが、開院以来、北は札幌から、南は屋久島の方まで、驚くほど遠方からはるばるお越し頂いております。

一番多い症状はこれだ!銀座界隈にお勤めの方の症状ベスト3

銀座にお勤めの方に多い、症状は肩こりです!一方、ご来院頂く方の絶対数が多いのは、やはり銀座界隈にお勤めの方です。

お住まいは、千葉、埼玉、神奈川と関東一円になり、来院数が多い順にランキングしてみますと、

  1. 千葉県
  2. 東京都
  3. 埼玉県
  4. 神奈川県
  5. 茨城県

と、なりました。東京都より、千葉県が多いのは少し意外でしたね。

また、症状別に集計してみますと、

  1. 肩こり 50%
  2. 腰痛       20%
  3. 首こり   10%
  4. 目のクマ 5%
  5. その他     15%

やはり銀座界隈にお勤めの方は、肩こりに悩まされているのですね。

首こりの症状を訴える方が急増!肩こりとは違います。

首こりの症状を訴える人が増えています。また最近、気になるのが、「首が凝っています。」とお悩みを訴える方が急増していることです。以前「つらい肩こり、首こりではありませんか?」でも書きましたが、原因不明の不快な症状を感じている方の多くが、この首こりであることが多いのです。

首こりの方がよく訴える症状を以下に挙げます。

  • 目が疲れている
  • 目の奥が痛い
  • 夜になると、手足が火照るようになる
  • つらくなってくると、頭痛がする
  • 後頭部が重だるく、何か乗っているような、引っ張られているような感じがする
  • とにかくイライラする
  • 八つ当たりが多くなった気がする
  • パートナーや職場の同僚と、些細なことで喧嘩をするようになった

このような症状で来院された方の中には、「首こり」ではなく、「肩こり」が主訴で来られたも多数いました。

みなさん、「ああ、肩が凝っているので、マッサージでもしてもらおう。」ぐらいの気持ちで来院されるのですが、多くの方が、首こりで、「これは、肩こりと言うよりは、首こりですよ。」と、お話すると、驚かれます。

首こりのセルフチェックをしてみよう!

首こりのセルフチェックをやってみよう!首こりはどうしたらわかるのでしょうか?簡単なセルフチェックがあります。
以下のテストをしてみてください。

  1. 椅子に深く座り、背もたれに背中がぴったりと当たるように、姿勢よく座る。
    (背もたれに、もたれかからないようにする)
  2. 背もたれから背中を離さないように、頭だけを動かし、後ろを見る。

この状態で、真後ろにあるものが見えますか?もし全く見えないのであれば、首こりの可能性があります。

首こりの一番の原因は、首の側面にある胸鎖乳突筋と云う筋肉が凝っていることです。

この胸鎖乳突筋は、頭を保持し、また頭を回旋する運動時に使われる筋肉で、この筋肉が硬くなってしまうと、上記の動作が制限され、視野も制限されてしまいます。

東洋医学的に考えてみると、首は多くの経絡の通り道となっていて、首が凝ると、気血の通りが滞り、様々な症状が現れます。

セルフチェックで首こりを感じた方は、慢性的な肩こりの方に朗報!意外な肩こり解消法も試してみてください。この解消法は、首こりにも有効です。

スマホの使いすぎは、首こりにつながります!

スマホ症候群に気をつけよう最近は、スマホを持っている方が増え、あらゆるスキマ時間に、スマホを見ています。

あのスマホを見る姿勢をちょっと想像してみてください。

多くの方は、頭を前に傾け、見ていると思います。

この姿勢は、非常に首に負担をかけてしまいます。

またスマホはとても多くの情報を見ることができますが、一方で、小さな画面なので、とても目を酷使します。

目を酷使しながら、多くの情報をインプットし、理解する。

この行為こそ、胸鎖乳突筋が凝ってしまう元凶であると言えます。

首こり・肩こり専門コースは、スマホ症候群にも対応しています!

銀座ルーチェ治療室では、肩こり・首こり専門コースを設けています。これは昔は”ITこり専門コース”とコース名をつけていました。

我々は以前の仕事は、IT従事者でしたので、ディスプレイを毎日眺めて仕事をしていました。そのため、VDT症候群と呼ばれる症状を経験していて、同じような症状で悩んでいる方を楽にしてあげたいという一念で、このコースを設定しました。

時を経て、VDT症候群と言われることは少なくなった気がしますが、代わりにスマホ症候群が問題になってきました。
首こり・肩こり専門コースはスマホの使いすぎによる首こりにももちろん対応します。
上記のセルフチェックをしてみて、首こりの可能性を感じる方は、ぜひ一度お試しください。

肩こり・首こり専門コース