体がだるい、食欲がない、やる気がおきないなどの症状がある方へ。夏バテからの秋バテにならないようにケアしましょう!

今年は、史上最高に暑い夏です。
ようやく峠を越えそうですが、残暑がどうなるか、まだわかりません。

体がだるい、食欲がない、やる気がおきない。などの夏バテの症状を感じられている方も多いと思いますが、注意してケアしておかないと、今年は長引く可能性があります。

夏バテの症状は、暑さが遠のくと共に、解消されて行くものですが、今年は様子が違います。

1 災害レベルの暑さ
2 8月は台風が多く発生し、気圧の乱れが激しい
3 9月の残暑も例年よりも暑くなりそう

気象庁からの「災害レベルの暑さに注意してください。」という発表を聞いた時、耳を疑いましたが、本当にひどい暑さでした。

人間の体温は36.5℃前後です。それを上回る外気温なんてのは、砂漠の国にでも行かない限り、出会うことのない環境だと思っていました。

こんな環境下で、活動することは、体にかなりの負担をかけてしまいます。

一方で、オフィスや、家のなかは、冷房がしっかりと効いていて、外と内とでは、気温差が10℃以上になるところもあり、頻繁に往来することで、体はさらに外気温の変化に適応することを求められます。

このような外部環境の著しい変化は、人の自律神経のバランスを崩す原因となり得ます。

今年は、特に病気になっているわけではないのに、体がだるい、やる気がおきない、食欲がわかないなどの症状を訴える方が多く、いわゆる夏バテの症状を言われる方が多いです。

まだまだ酷暑が続きそうですし、夏バテの症状が、秋になっても続いてしまう、いわゆる「秋バテ」になる方も多くなると予想されます。

鍼灸・リンパマッサージは、自律神経のバランスを整え、不快な症状を軽減するのに、とても効果的です。

体の不調をひきずらない為にも、しっかりとケアしましょう。