冬を迎える秋の終わりは、冬ごもりの準備をしましょう。

冬を迎える秋の終わりは、冬ごもりの準備をしましょう。

いよいよ冬がやってきます!

秋をしみじみ感じる季節となりました。 山々が色づき始め、待ち遠しかった秋の訪れを実感し、来る冬に向けて、動物たちは、せっせと冬ごもりの準備を始めます。

人間も、動物ですから、厳しい冬に向けて、蓄えをする習慣は、どことなく残っています。いわゆる秋太りにつながりますね(笑)。

この時期私たち体内の事情は、と言うと、身体の外の環境が大きく変わろうとしていますので、それに適応しようとする力が働きます。

私たちの身体には正常な体温、血圧などを常に一定に保とうとする仕組み、恒常性の維持(ホメオスタシス)機構が備わっています。

暑い夏から一転して、肌寒い気温になると、体温等の調整機能は、大慌てです。うまく適応できない場合は、いわゆる自律神経系や免疫系のトラブルにつながってしまいます。

台風は気圧の変化が短期間に起こるので、要注意!

特に今年は暑さよりも、幾度となく、襲来した台風の影響が大きいかもしれません。
寒暖の差に加えて、気圧の差は、私たちの身体に大きな影響を及ぼします。これらの要因は自律神経の変調、免疫力、抵抗力の低下をもたらします。

その結果、風邪、腰痛、肩こり、食欲不振、全身倦怠感、ぜんそく等の様々な不調の原因となり、こじらせてしまうと慢性化するだけでなく、重大な疾患の原因にもなりかねません。

鍼灸マッサージ治療で、身体をサポートしましょう!

鍼灸マッサージ治療は、自律神経系や免疫系を助けて、身体が上手にバランスをとるサポートをします。

からだが不調を訴える前に、鍼灸マッサージ治療をしておくことで、バランスを整える力を高め、大きな不調に繋がる事を未然に防いでくれます。

そして、規則正しい、食事を心掛けたり、着る服を注意して、急激な冷えを身体に与えないようにしたり、十分な睡眠をとるようにしたりと、セルフケアも積極的に行う事が、大事に至らぬ妙薬です。

カラダの声に耳を傾けて、セルフケアしましょうね。