中秋の名月を見たら、セルフケアを行いましょう。

中秋の名月を見たら、セルフケアを行いましょう。

秋の訪れと共に体調の変化にご注意を!

秋の気配を感じる季節となりました。 中秋の名月も清々しい気候にも恵まれ、待ち遠しかった秋の訪れを実感され、ホッとしている皆様も多いと思います。

しかしながら、そのような思いとは裏腹に、この時期私たち体内の事情は、と言うとそれほど単純ではなさそうです。

頑張っている身体をいたわりましょう。

私たちの身体には正常な体温、血圧などを常に一定に保とうとする仕組み、恒常性の維持(ホメオスタシス)機構が備わっています。いま、この体内機構が外界の急激な変化に大わらわなのです。

暑い夏に慣れていた体温等の調整機能は急な外界の変動に追いついて行けず、いわゆる自律神経系や免疫系が上手に機能しにくい状態にあります。

特に今年は不安定な気候に振り回され、寒暖の差、気圧、湿度などの気象の急激な変動は、私たちの身体に大きな影響を及ぼします。

これらの要因は自律神経の変調、免疫力、抵抗力の低下をもたらし、その結果、風邪、腰痛、肩こり、食欲不振、全身倦怠感、ぜんそく等の様々な不調の原因となり、こじらせてしまうと慢性化するだけでなく、重大な疾患の原因にも成りかねません。

鍼灸マッサージ治療で、変化に適応する身体のサポートを!

鍼灸マッサージ治療は、自律神経系や免疫系を助けて、身体が上手にバランスをとるサポートをします。

からだが不調を訴える前に、鍼灸マッサージ治療をしておくことで、バランスを整える力を高め、大きな不調に繋がる前に、未然に防いでくれます。

もちろん、このように変化が大きな時期ですから、加えて、規則正しく消化の良い食べ物を適量に摂り食べ過ぎに気をつける、就寝直前の食事は避ける、衣服からこまめな着替えで寒暖に対処したり、冷たい飲食物を取り過ぎない、疲れたからだをゆっくりと休める為に、十分な睡眠をとる等の、セルフケアも積極的に行う事も忘れずに!