熱中症にならない為の対策1 〜首を冷やせば全身ひんやり〜

熱中症にならない為の対策1 〜首を冷やせば全身ひんやり〜

熱中症にならないために・・・

暑中お見舞い申し上げます。

毎日暑いですね・・・

東洋医学では、病気になる原因の一つに「異常な気候変化」を挙げています。

近年の夏は「猛暑」・・・。まさに異常な気候変化にさらされています。

この暑さの中では、倦怠感やほてり感、そして集中力が無くなったり体力が無くなったり、健康な人でも心と身体への影響は大きいのです。

首筋は、身体の温度調節に大切な場所

風邪をひく時に、「首筋が冷えるな~」と感じたことはないでしょうか?

東洋医学では身体に冷えが入ってくるルートの一つが「首」と考えています。首から冷えが身体の中に入り、風邪を引き起こします。

逆に考えれば、身体を冷やしたければ、「首」から冷やせば効果的なのです。

例えば冷蔵庫の中に濡れたタオルを用意しておき、暑い外から帰ってきたら、まずはそのタオルを首筋に巻いてみましょう。

身体が一気に冷えるのを感じることができると思います。(濡れタオルはあまり絞り過ぎずに、水分が残っている状態がベストです)

首を冷やせば身体も冷えるというのは、当たり前のように思うかもしれませんが、この夏にやってみた人は少ないと思います。

(最近はこれを応用した、首に水を含ませたヒモのような商品が売り出されていますね。)

身体に熱が溜まった状態だと、体力も奪われ、集中力も無くなり、のぼせたような症状になってしまします。

ひどくなると熱中症となって頭痛などの症状にもなってしまいます。

そうならないためにも、「帰って来たら冷蔵庫の濡れタオル!」

これで今年の暑い夏を乗り切りましょう!