ジム選びのちょっとしたコツ

ジム選びのちょっとしたコツ

身体を動かしましょう!

いよいよ5月になりましたね。新年度も始まり、1ヶ月がすぎました。

私が通うフィットネスクラブも新しい利用者が増えて混み合ってきました。これから夏に向けて体型を引き締めたいと思うからでしょう。

皆さんもこれを機にジムで身体を鍛えたいとお考えの方もいらっしゃるのではないかと思います。でも、続けられる自信がなく、始める事に躊躇している方も多いはず。

事実始めてみたものの、次第に通う回数が減り、結局会費だけ納めている状況となり、辞めてしまう方も多いようです。

運動を継続するコツは、ジム選びにあった!

途中で止めずに、続けられる秘訣をジム歴30年の私からちょっとしたコツをお伝えします。

先ずはどのような施設を選ぶかです。

近年では、都市部の主要駅を中心に公共施設、ホテル内や、大手チェーン店舗から個人経営のものまで大小様々なフィットネスクラブ、スタジオがあります。

その中からどれを選択するかは、今後のジム活動を快適に長く続けていけるかを左右する大きなポイントになります。

ジムは、自分のライフスタイルを犠牲にする事なく、場所、営業時間、設備などの条件が自分の要求に見合うものを選ぶことが重要です。

場所選びは通いやすい場所が必須!

人間は本来なまけものです。

「時間をかけてわざわざその場所に出かけなければならない」という負担感が頭の中にあると、モチベーションが下がったとたんに面倒くさいと感じ、「疲れているから」「時間が無いから」などと何かと行かなくてもよい言い訳を考えては、足が遠のいてしまいます。

出来る限り、通勤途中とか、又は職場や自宅の近くにある施設を選び、通う事が負担に思う理由を少なくすることが重要です。

これまでにジムを転々としてきた私ですが、仕事が終わる時刻が常に遅いので、通勤経路をわざわざ迂回して通うようなジムはなかなか続けることは出来ませんでした。

長続き出来たジムは、やはり職場に隣接するスポーツジムで、仕事が終わってすぐに入館し、営業の終了間際までトレーニングが出来たからです。

ライフスタイルに合わせて営業時間をチェック!

今まで公共施設のジムは、利用料金がリーズナブルで良い反面、営業時間が短く、帰宅が遅い私にとっては週末以外は利用する機会がほとんどありませんでした。

しかし、最近は民間のフィットネスクラブ並みに営業時間が拡張される傾向にあり利用しやすくなってきました。

また民間施設でも24時間営業(深夜は無人)のチェーン店も増えています。こちらは自宅の近くにあれば、行きたい時に行けて何かと重宝しますね。

朝7時から営業するジムには、朝1番で筋トレしてから出勤される方もいます。

自分のライフスタイルに合わせて、通える時間が選べるようになったことは喜ばしい事ですね。

自分のニーズにあった設備があるジムを選んで!

マシン・フリーウェイトジムにシャワーだけのミニマムな設備を持つ施設から、ダンススタジオ、プール、風呂、マッサージ、飲食などの設備が充実してさまざまなタイプの施設があります。

また、個人経営の施設では、ある競技(各武道やボクシング等)に特化した設備を持ったところもあります。

使わない設備の分まで利用料金を支払う必要はありませんので、自分のニーズに沿った施設を良く吟味して選ぶべきでしょう。

ところで、従来型の大手フィットネスクラブには、プール設備が整っていたのですが、近年の利用客減少のため、維持経費のかかるプールがない施設が多くなりました。

当院にご来院いただく肩こり、腰痛の患者様にはプールでの水泳をお薦めしているので、とても残念です。

安易に施設を選ぶと長続きせず、無駄な時間とお金を使うことになります。

入会される時には充分に上記条件を吟味して、自分に適した施設で快適にトレーニングを続けて頂きたいと思います。