お屠蘇は漢方薬だった?

お屠蘇は漢方薬だった?

お屠蘇は、由緒正しき漢方薬

みなさんはお正月にお屠蘇(おとそ)は飲まれましたでしょうか?

お屠蘇は年始にお酒を飲んで楽しく過ごすということではなく、実は漢方薬なのをご存知でしょうか?

日本でも江戸時代に書かれたという『和漢三才図会』という本や、中国でも明の時代の『本草綱目』や、遡れば唐の時代の医学の教科書としても使われた『小品方』という書物にも「屠蘇酒」として載っている、由緒正しき漢方薬です。

お屠蘇は華佗が考え出した妙薬だった!

これらの書物によると、三国志に出てくる曹操を治療したといわれる「華佗」という名前のお医者さんが考え出した漢方薬で、これを飲むと流行性の病気や悪い気の一切を祓ってくれるそうです。

正式な飲み方は、お屠蘇の元になる生薬を三角のモミの袋に入れ、除夜に井戸の底にかけておき、元旦に取り出してお酒に入れ、数回沸騰させて煎じます。

お屠蘇は、東を向いて飲むのが習わし

そして、一家中の者がみんな東を向き、年少から年長のものへ順番にこれを飲んで行きます。残ったカスは井戸に投げ入れ、歳ごとにこれを飲むと「一世の間、無病で過ごせる」と書かれています。

最近では、節分の恵方巻など、古い風習がまた注目されていますが、お屠蘇も正式な飲み方があるので、来年は皆さんで東を向きながら飲んでみるのはいかがでしょうか?