東洋医学にみる春の養生法

東洋医学にみる春の養生法

春は病も出やすい季節

可憐ながらも雄大な世界感を感じさせてくれた桜の花も散り、葉桜が眩しい季節になりました。

本格的な春の到来ですね。この季節は、とても心地よく、周囲が生命力に溢れている感じがして、ぼくはとても大好きな季節です。

ただ、カラダの方は、そうも言っていられません。どんどんと高まる陽気の影響で、実はこの春の季節は、眠っていた持病やアレルギーが吹き出しやすい季節なのです。

春は万物が芽生え、生き生きと栄え、心身も陽気を発散させ、天地間の陽気にあわせて、自分自身の陽気も養生する季節です。

なぜ桜は春になると、判を押したように花を咲かすのでしょうか?植物も動物も、季節の影響を少なからず受けています。

春は木の芽が吹き出す時期ですから、カラダの中に眠っている持病や、アレルギーも症状が表れやすくなります。

暖かくなってくると、外環境の陽気が増えると共に、それを取り込むことで、体の中の陽気も増えてきます。すべては巡りであり、スムーズに循環することが大切ですから、この陽気も、ただ取り込むだけではなく、滞る事なく、発散できるようにスムーズな循環ができることが大切です。

肝の働きが鍵に!

春になると、細胞も目を覚まし、動きはじめますので、血の貯蔵庫である肝臓はとても忙しく働くことになります。

この肝の働きを助けるのは酸味の食べ物です。すっぱいものを積極的に摂るようにしましょうね。

ただし、食べ過ぎはよくありません。またすっぱいものだけを大量に食べるというような偏った食事もよくないですね。腹8分でおさめておきましょう。

肝がやられてしまうと、イライラしたり、やる気が起こらない、寝付けないなどの症状が表われやすくなります。

生活上の注意点

特にうつ傾向のある方は、不安感や、そううつの症状が強く出る時期ですから、上手く乗り切る為に、以下の点に注意して生活しましょう。

1 日の出と共に起床する。
2 適度な運動をする。
3 没頭できるような趣味の時間をもち、リフレッシュする。
4 暴飲暴食をさける

特に、日の出と共に起床し、朝日を浴びる事を実践してみてください。

オススメは、朝の散歩です。運動と言っても、ランニングだと、つらいイメージが先行してしまいます。朝日を浴びながら、散歩するだけでも、とても気持ちがいいものです。

春の陽気をしっかりと取り込みつつも、春の陽気に負けない養生法で、健康を維持しましょう。