鍼灸って、何に効くの?

鍼灸って、何に効くの?

東洋医学って本当に効くの?

皆さんからよく「鍼灸って、何に効くの?」と、聞かれます。

私は、「なんでも効きますよ。」と、答えていました。

すると、皆さん、

「そうなんだ・・・」(怪しい)←心の声

こんな心の声が聞こえてくるような雰囲気になってしまい、なんとなくもどかしさがありました。

ある程度の治効理論はあるものの、まだまだわかっていないことの方が多いのがこの分野なのです。

例えば、足には、裏内庭というツボがあり、下痢に効果があるとされています。

実際、自分が下痢になった時、裏内庭のツボにお灸をたくさんすえたら、症状が和らぎました。

でも、なぜ裏内庭が下痢の症状に効くのか?と、問われれば、その機序を説明することはできません。

東洋医学は、過去の歴史の中で、紡がれたものをベースに、口伝や、古典に書かれている情報がもとなので、現在の西洋医学的にエビデンスを研究をすること自体、行われていないものだからです。

WHOが認めた効果

しかしながら、西洋医学的なアプローチによって、その有意性が認められたものとして、WHOは指針を発表しています。

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の効果や有効性を示唆した疾患:

★運動器系疾患
肩こり、五十肩、腰痛、頸椎症、変形性膝関節症、腱鞘炎、テニス肘etc.

★消化器・呼吸器系疾患
便秘、下痢、痔疾、慢性胃炎、食欲不振、気管支喘息、鼻炎、感冒、扁桃炎etc.

★疼痛性疾患
頭痛、坐骨神経痛、術後疼痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛etc.

★循環器系疾患
低血圧症に伴う諸症状、冷え性、本態性高血圧症etc.

★泌尿器&..産婦人科系疾患
月経異常、更年期障害、逆子、不妊、インポテンス、失禁症etc.

★感覚器系疾患
仮性近視、眼性疲労、メニエール病、耳なり、難聴etc.

★小児疾患
夜尿症、小児神経症、消化不良etc.

★その他
不眠症、肥満、自律神経失調症、片麻痺、顔面神経麻痺、アレルギー疾患etc.

(公益社団法人 日本鍼灸師会 資料より)

すべての疾患に、100%効くと言い切れるものばかりではありませんし、治ると断言できるものでもありません。

それは西洋医学においても確度の差はあれど、同じです。

東洋医学の歴史と未来

鍼灸マッサージは戦後、西洋医学が本格的に導入され始めると、基礎研究すら行われなくなるほどに衰退しました。

それは再現性がない、エビデンスがわからないなどの理由から、国策として西洋医学導入に傾倒した背景があります。

しかしながら、昨今、古来より日本人が日常的に親しんできた鍼灸マッサージを見直す取り組みが盛んになっています。

東京大学、北里大学といった大学でも、鍼灸マッサージの基礎研究が行われています。

今後、どういった疾患に効果が高いとか、そもそもなぜ鍼灸マッサージはよいのか?といった研究が深まるにつれ、明瞭な答えが見つかってくることでしょう。