ぎっくり腰になる前に。

ぎっくり腰になる前に。

魔女の一撃

疲れが溜まってくる金曜日の朝、薄着姿でベランダの掃き掃除をしていた時、目の前の大きなゴミをとろうと、手を伸ばした瞬間、魔女の一撃が、私の腰を貫きました。

突然バシッと音がしたかのような激痛に襲われ、そのまま身動きが取れずに固まってしまいました。

本当に魔法でもかけられたように、一ミリも身動きが取れず、ただ、あ、う、という言葉にならない声だけでて、助けを呼ぼうとしていました。

「このまま動けなくなったら、どうなるんだろう。」と、先行きの不安が絶えず頭をよぎりました。

幸いにも、我々は東洋医学の専門家ですので、同僚に助けを求め、ぎっくり腰に効く治療を行ってもらいました。

その後、症状は寛解し、1日でどうにか仕事に復帰することができました。この時は、本当にこの仕事をしていて助かったと感じました。

なってしまったら早めの治療を

ぎっくり腰で来院される、多くの方々は、ある程度、症状が寛解されていて、もう少しだけ痛みが残っているので、なんとかしたい。という方が多いように感じます。私は少し残念に思います。

鍼灸マッサージは、魔女の一撃を食らった直後、整形外科に行くよりも、湿布を貼るよりも、まずは鍼灸マッサージ治療を試してごらんなさい。と言えるくらい、効果があります。

もちろん、ぎっくり腰の状態にもよりますし、なんでも治してみせます。と言いたいのではありません。

ただ皆さんが、ギックリ腰を患った場合、一つの選択肢として、「鍼灸マッサージ治療院へ行こう!」と思って頂けたらと思うのです。

日頃の養生が大切!

そして、もう一つ、お願いがあります。それは、ぎっくり腰になってから、鍼灸マッサージを受けようと思うのではなくて、普段からギックリ腰にならないように鍼灸マッサージを受けよう。と思って欲しいのです。

継続的に鍼灸マッサージを受けている方は、ぎっくり腰になりにくいです。

ぎっくり腰は最初の手当が肝心です。早期に処置すればするほど、早く治すことができます。痛たたっと感じたら、動けなくなる前に治療院へお越し下さい。