節目年齢〜40代のケアで将来が変わる!?〜(女性編)

節目年齢〜40代のケアで将来が変わる!?〜(女性編)

前回は男性のお話をしましたが、今回は、女性の場合です。

女性は7の倍数で変化が

女性の場合は、男性よりもサイクルが短くて7の倍数で身体の変化が訪れるとされています。

  1.  7歳・・・永久歯に生えかわる。
  2. 14歳・・・初潮を迎える。
  3. 21歳・・・女性としての身体ができ上がる。
  4. 28歳・・・女性としてもっとも身体が充実する。
  5. 35歳・・・容姿の衰え(髪の毛や歯のトラブル)
  6. 42歳・・・白髪が目立ち始める。
  7. 49歳・・・閉経。閉経前後は不定愁訴が起こりやすくなる。

男性に比べて、女性の方が早熟であり、早くから身体に変化が起こります。

そして、7年サイクルで変化していくわけですから、それだけ女性の身体に起こる変化は男性より多く発生するということですね。

このサイクルでいくと、女性の場合、20代、40代は、2回も身体に変化を感じる訳ですが、男性同様、40代の身体の変化は、負担が大きいものです。特に閉経は精神的なストレスの元になりやすく、心と身体の変化によって、様々な症状となって現れます。

身体のケアは、最高の投資です。

わけもなくイライラしたり、急に暴言を吐くようになったり、身体が重く、やる気がおきない。頭痛がずっと続く、冷えやむくみがひどくなったなど、いわゆる更年期障害と言われるような症状が出やすい時期でもあります。

鍼灸マッサージ治療は、こうした症状の発現を予防したり、症状があっても、ひどくならないように治療したりすることができます。

40代に入って、なにか身体の変化を感じられている方は、ご相談ください。