お灸はなぜ身体にいいのか?

お灸はなぜ身体にいいのか?

お灸が効く仕組みとは

お灸が効くしくみは、一般的には「お灸の熱が皮膚を刺激して身体の治癒能力を高めるため」と、考えられてきました。

皮膚の中にあるポリモーダル受容器という感覚器がお灸の熱によって刺激され、軸索反射という生理反応を誘発し、お灸した周辺の血管を広げて血行を改善し、こりや痛みを軽減する、という仕組みが以前より知られています。

それでは、熱刺激が効果をもたらすのであれば、何も高価なモグサを使わなくても良いのではないかと思われるかも知れませんが、実はモグサでお灸をする意味は熱刺激だけではなさそうです。

最近の研究成果

近年の研究では、モグサを施灸した際に発生するカフェタンニンという抗酸化物質が、皮膚に浸透して免疫機能に深く関わるヘルパーT細胞というリンパ球の活動を活性化したり、免疫細胞間の相互作用を調整しているサイトカインという体内物質を増やしたりすることが観察されたと報告されています。

今後の期待

以前にもコラムで書きましたが、お灸をすることにより身体の免疫力が高められることは臨床実績から明らかです。しかし、その仕組みについては科学的メスが入ったばかりと言えます。

今後も科学的検証が進められ、熱刺激による身体の一部分の血行改善だけでなく、モグサが燃えた時に発生する特殊な物質が、全身的に生理機能を高めて病からの回復を早めたり、病気に負けない身体にする、という仕組みが徐々に近代医学的に明らかにされるのではないかと私は期待しています。