冷え性の人必見!冷え性は鍼灸マッサージ治療で改善します!

冷え性を改善しましょう!

今年は北風が吹くのが早い気がしますね。 寒い冬は、手足の冷えも強くなって、冷えが原因で、安眠できない方がいます。
特に、女性は、靴下を履いたり、湯たんぽを準備したりと、足の冷え対策を万全に用意していても、冷えを感じて、途中で目が覚めたりする方が多いようです。

手足に冷えを感じる理由は、色々ありますが、その中の一つとして、手足の先は、心臓からもっとも遠くに位置するという解剖学的な理由があります。

人の体温は、血液が循環することによって、一定の温度を維持するような仕組みをもっていますので、心臓からもっとも遠い手足は、温かい温度の血液が到達しづらく、手足が他の身体の部分よりも温度が低くなるという物理的な距離の問題があります。

「冷えている」と「冷えを感じる」は意味が少し異なります。自分の身体のことなので、区別しずらいのですが、各部位が物理的に「冷えている」事と、その部位が「冷えを感じる」とでは、意味が違います。

「冷えている」状態は、体内と体外の温度差が、ある一定以上になると、発生します。
その差は、個人差がありますが、大体30℃程度と言われています。

人の身体は、体温を一定の値に調節する機能が備わっています。

例えば、北海道の真冬に、温かい室内から、Tシャツ一枚で、外にでたとしましょう。外部の気温は急激に下がる訳ですね。すぐに体内と体外の温度差が30℃を越えてしまいます。

身体は、このような急激な温度の変化に遭遇すると、体温を維持する為に、以下の行動をとります。

1 皮膚の毛細血管を収縮させ、身体の表面からできるだけ放熱しないようにする。

2 熱エネルギーを産生せよ。という命令が脳から内臓にでて、身体を温める。

3 これでも足りない場合は、筋肉を収斂(震え)させて、より熱を産生できるようにします。

鍼灸マッサージ治療を行うと、身体の中にある内臓の状態を整えることができます。

また自律神経の失調についても、バランスのとれた良い状態に導く事ができます。

鍼灸マッサージ治療は、不調が起こる前、またはひどくなる前に、身体をいたわり、ケアすることで、不調を未然に防ぐ事ができたり、たとえ状態がひどくなっていたとしても、つらい状態が長続きしないように、身体に働きかけることができます。

私の冷え性は体質だから仕方がない。と諦めずに、鍼灸マッサージ治療を受けてみてくださいね。