四方山話

Category
赤ワインより、白ワインの方が体にいい?
赤ワインが体にいいとされるのは、赤ワインに多く含まれるポリフェノールが、動脈硬化の抑制につながっているのでは?という仮説に基づいた噂レベルなんだそうです!比べて、白ワインには、強力な殺菌効果が認められています。さて、どちらを飲みましょうか?
GINZA SIX
GINZA SIXがオープンしました!びっくりしたのは、その地下3階に、能楽観世堂が入ったこと。鍼灸と同じく、昔から日本人に愛されてきた伝統芸能である、能や、狂言を身近に観ることができるようになりました。鍼が出てくる演目「神鳴」は必ず見に行きたいです!
さくら餅
さくら餅の季節になりましたね。東の「長命寺」と西の「道明寺」。さくら餅は東西で種類が異なります。どちらも甲乙つけがたい美味しさがありますね。最近では、デバートで長命寺と道明寺が1つずつ入ったさくら餅を見つけて、嬉しくなって、買いましたよ!
お屠蘇は漢方薬?
お屠蘇は、華佗という中国の医師が考え出した漢方薬です。東を向いて、年長者から順々に飲むという習わしがあります。昔からある風習には、それなりの意味があります。現代では、薄れてしまっている風習を見直して、今風にアレンジし、取り入れるのもいいですね。
ビールが痛風の元?
ビールは、痛風の原因ではありません。プリン体が多く含まれることが、そうした都市伝説になった要因ですが、ビールに含まれるプリン体量はそれほど多くありません。それよりも問題なのは、ストレス。高いストレスを感じると、尿酸値の上昇が認められました。鍼灸マッサージ治療で、ストレスコントロールを行いましょう。
女性は七の倍数
あなたの今の年齢は、7の倍数ではありませんか?『黄帝内経』では7の倍数の年齢の時に、女性は体の変化が起きるとされています。年齢を重ねるほど、起きて欲しくはない変化が生じます。鍼灸・リンパマッサージ治療で、身体のメンテナンスをしっかりとして、いつまでも元気でいられるようにしましょう。
男性は八の倍数
あなたの今の年齢は、8の倍数ではありませんか?『黄帝内経』では8の倍数の年齢の時に、男性は体の変化が起きるとされています。年齢を重ねるほど、起きて欲しくはない変化が生じます。鍼灸・リンパマッサージ治療で、身体のメンテナンスをしっかりとして、いつまでも元気でいられるようにしましょう。
なんとなく薬を飲み続けていませんか?
薬をなんとなく飲み続けている方はいませんか?薬には強い力がある反面、それが良くない影響を及ぼすこともあります。医師と良く相談しながら、病気の改善に合わせて、薬から離脱できるように努めることが大切です。
前菜はなぜ必要なの?
前菜は何のためにあるのでしょう?メイン料理を食べる前に、前菜を食べることには、実は大きな意味がありました。食事は身体を作ったり、健康を維持するために欠かせないものです。食の意味を正しく理解して、健康になりましょう!