針治療の針は痛くない?注射の針とは何が違うのか?

針治療の針は痛くない?注射の針とは何が違うのか?

針という言葉からみなさんは病院で使う注射針や、洋裁に使う縫針を連想されると思いますが、構造からしてかなり違います。

銀座ルーチェの鍼治療で使われる針は、古代中国で金属製のいわゆる針の形をした治療道具として生まれたものですが、日本に渡ってから独自に進化してきました。そして、現在は患者様に苦痛を与えない様に考慮され、刺し入れ方や鍼の材質、太さ、針先の形状が近代科学的に工夫改良されてきたものです。

太さは、目的によっていろいろあるのですが、銀座ルーチェでは0.1〜0.2mmのステンレス製のもの(髪の毛ぐらいの太さ)を多く使っています。

長さも治療によって様々で、銀座ルーチェでは20mmほどから50mmぐらいのものを使用していますが、その長さ分全てを深く刺し入れるものでは決してありません。

また、施術のときは鍼管という細い管の中に鍼を入れて、その管の先を皮膚に押し当てながら刺し入れます。こうする事により、刺す時の感覚はほとんど無くなります。

針を刺入すると、痛みの感覚とは異なる、ズーンとした「ひびき」を感じることがあります。この刺激は日常では感じないものです。慣れてくるととても心地よく、施術中に気持ち良くなって、寝てしまう方もいます。

また銀座ルーチェでは、全て衛生的なディスポーザブル(使い捨て)タイプを使用しています。

それでも不安に感じる方には、刺さない針を用います。金属製のローラー状、ヘラ状、棒状のもので、これを使って皮膚を突き破る(刺す)ことなく、刺激して、治療します。

銀座ルーチェでは、鍼が初めての患者様には、不安を解消していただくよう、特に丁寧に説明をして、ご希望の方には、事前に実際の鍼をお見せしたり、施術のデモンストレーションまで行います。

患者様に十分にご納得頂いてから施術することが、治療効果を高めることにもつながるからです。